漫画を売る時に役立つコラム

MENU

漫画を売る時に役立つコラム記事一覧

漫画を売る場合、高値の査定が付く条件として本の状態や発売日からの経過日数があります。この2つの条件を考えると漫画の買取り相場は発売日から日が経てば経つほど下がっていくのが基本ですが、稀にその買取り相場が急に上がることがあります。その理由の一つが漫画の受賞作です。しかし、受賞作と言っても漫画の世界には様々な賞があるんですね。例えば各出版社の新人賞とか、漫画雑誌(ジャンプなど)での受賞作なんかがありま...

ISBN番号は国際標準図書番号とも呼ばれますが、簡単に言えば漫画を始めとする本の背表紙のバーコード部分に記載されている計13ケタの番号のことです。これのことですね。ちなみにバーコード上段の書籍JANコードと同じです。漫画本に限らず、本のネット宅配買取りではこのISBN番号がないと買取不可としているサービスもあるので注意しないといけません。ISBN番号は著者やその本のタイトルを識別するために記載され...

宅配買取りサービスは自宅にいながら自分の売りたい商品をお金に買えることができる便利なサービスですが、その反面2011年あたりから国民生活センターへのトラブルの報告が増えているジャンルでもあります。もちろん、漫画の宅配買取りもその中には含まれています。この記事では漫画の宅配買取りを安全に利用するために実際に起こっているトラブル事例をもとに、申し込みをする際の注意点などについて紹介しているので参考にし...

漫画本を売る時に本の状態は少なからず査定に影響します。なので少しでも高く売りたければ漫画本を綺麗にクリーニングしましょう。これは宅配買取りだけでなく、オークションや実店舗に持ち込んで売る場合も同様です。そこでこの記事では漫画本を綺麗にするクリーニング方法を紹介します。クリーニング方法によっては漫画本のページの質や表紙の質などによってやめておいたほうが良い方法もあるので確かめるためにも範囲を決めて少...

未成年でも漫画買取りを利用したい時ってありますよね?でも古物営業法施行規則が改正されたことで買取市場全般において未成年が中古品を売ることは難しくなっています。未成年と言っても学生でない18歳以上はOK、それ以外はNGなことがほとんどです。厳密に言えば、18歳以上でも学生だとNGとなっているケースが多いですね。この記事では未成年でも漫画買取りができるかどうか、「実店舗での漫画買取り」「宅配買取りでの...

漫画を売る時にはあまりおすすめしませんが、買う時におすすめなのがブックオフです。漫画を売ろうと思った時に売りたい商品の中にはブックオフで買った値札シールの付いた中古の漫画本が入っているという方も多いのではないでしょうか?多くの宅配買取りサービスがブックオフなどの値札シールが貼ってある中古本でも買取をしてくれます。値札シールが貼ってあっても査定には関係ないと言い切る宅配買取りサービスもありますが、中...

本棚に閉まっていた漫画本がいつのまにか黄ばんでいる・・・。このような経験をした方は多いのではないでしょうか?日焼けしている本は売る時も状態によってマイナス査定、もしくは買取不可といった扱いになるので日頃から漫画本の保管方法は気を付けておきたいですよね。この記事では漫画本が日焼けしてしまう原因や、日焼けを防止する保管方法、日焼けによるダメージをクリーニングする方法について紹介しているので参考にしてく...

中古本を買取りに出す際には店舗でも、宅配買取りでも身分証明書が必要になります。店舗での買取りの場合はその場で、宅配買取りの場合は業者に発送する段ボールにコピーした身分証明書を同封する形で身分証明書を提示しなければいけません。買取サービスによってはパソコンでスキャンしてWEBでアップロードできるところもあります。中古本の買取りで有効な主な身分証明書は以下の通りです。・運転免許証・パスポート・健康保険...

本を宅配買取りに出す場合、売る本は自分で梱包しなければいけません。本を段ボールに詰めていく作業自体は難しいことではありませんが、詰め方が雑だと買取店に到着する前に段ボールの中で本が傷ついてしまったり、折れ曲がったりして状態が悪くなり、査定の際にもマイナスの評価になってしまう可能性もあります。この記事では本が綺麗な状態で買取店に届くための段ボールへの詰め方を紹介しています。